SOLAのまるごと!そらブログ

みえるMilkツアーを開催いたしました!

こんにちは!たがやです。
12月16日(日)にみえるMilkプロジェクトでは、第1回みえるMilkツアーを開催いたしました。ご協力いただいたのは、那須高原今牧場の皆様。私たち15名を温かく迎えてくださいました。

東京都新宿駅からバスで揺られること2時間半。那須高原今牧場は栃木県那須郡にある、牧場です。
到着してすぐ、まずは今牧場社長である今耕一様よりご挨拶をいただき、牧場を案内していただきました。

まずは牛舎
参加者さんの中には牧場ははじめて!とう方もいらっしゃって、大きな牛にちょっとびっくり。

堆肥舎


搾乳室

産まれたばかりの子牛の前では誰もが自然と満面の笑みになりました。


山羊舎。彼らは逃亡の達人で見学中にも子山羊が脱走!社長さんは「ほんと、どうしよっもねぇんだよ〜^^」と笑ってらっしゃいました。


今牧場はホルスタインの飼育が150頭以上で関東の中では大きな牧場で乳牛のほかにも、山羊の飼育をしていたり、チーズ工房で6次産業化に取り組んでいたりします。

酪農教育ファーム認定もされていて、酪農の研修生や、一般の方の酪農体験も多く受け入れている牧場です。

お昼は、近くの公民館で今牧場のチーズを使用したサンドイッチと牛乳のランチを堪能しながら今牧場さんとの座談会を行いました。


「牛乳は、ほんとは牧場ひとつひとつ味がぜんぜん違うんだよ。」

「生乳をつくるだけじゃない、生産者から感動や喜び、心の豊かさを提供したい。」

「那須でいいものを作りたい。」

 

今牧場チーズ工房を経営している雄幸さんは、奥様のゆかりさんとともに、「那須の地でいいものを作りたい。チーズや酪農の魅力が伝わり、工房が新たな那須町の観光資源となるような工房にしたい」という思いでチーズ工房を立ち上げたと語ってくださいました。

座談会については後日facebookのみえるMilkプロジェクトのページにて詳しくご報告させていただきます。


午後は、奥様のご指導の下バター作りに挑戦。

みんなで必死に牛乳と生クリームの入ったペットボトルを振りました。ちなみに一番早くバターを完成させたのは、写真の一番奥にいるMilkプロジェクトメンバーの中司でした。写真からもうかがえますが、振り方がプロっぽいですね^^


哺乳体験もしました。子牛の生命力にびっくり!そしてやっぱり子牛の前ではみんな笑顔になってしまいます。子牛がいるだけで世界は平和になるんじゃないかと思えるくらい皆さんいい笑顔でした!


そして搾乳体験。牧場では現場を感じてもらいたいという思いから普段道理の時間でしか搾乳体験を行っていません。お仕事の場に私たちがおじゃまして、体験をさせていただきました。本当にありがとうございます!


最後にみんなで記念撮影^^

「那須来たらまた寄ってね!!」

とても温かい言葉をかけていただきました。

 

今回のツアーで感じたことは、やっぱり机に向かってうだうだ考えているよりも、実際に自分で見たり体験したりすると見えてくるものがあるということ。

今回は、今牧場様のお力添えによりこういった体験をさせていただくことができました。参加者の皆様にとっても何か残るものがあれば幸いです。

 

今牧場様

参加者の皆様

本当にありがとうございました!!




12月16日(日)みえるMilkツアーのお知らせ

なかつかです。

 

今回はみえるMilkプロジェクトの第1回ツアーのお知らせです。

周りの人にじゃんじゃか告知しちゃってください。

なかつかもこないだの土日いってきましたが、空気もきれいでいいとこです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは!みえるMilkプロジェクトです。 

みえるMilkプロジェクトは、酪農家さんと消費者さんの橋渡しとなるような酪農体験ツアーを実施し、牛乳の生産現場を共に体験することにより、「食の安心」と は何かを共に考えることを目的としたプロジェクトです。 

その第1回ツアーを12月16日(日)に開催します! 
行先は栃木県那須の今牧場という酪農家さんです。ツアーでは酪農体験のほか、生産者さんとの座談会、今牧場のチーズを使用したサンドイッチランチを楽しめます。 
 牛に触れ、餌に触れ、生産者さんと交流してみませんか?現場を見て、酪農家さんの熱い思いに触れると、きっと牛乳を見る目が変わるはずです! 

 ツアー詳細は以下の通りです。 

【日にち】 2012年12月16日 (日) 

【行先】 栃木県那須 今牧場 (栃木県那須郡那須町大字高久甲5898) 

【内容】 牧場内見学、搾乳体験、哺乳体験、今さんとの座談会(ランチを食べながら) 

【集合時刻】 8:30  

【集合場所】 新宿駅西口 センタービル前 

【費用】 大人6,000円 未就学児1,000円(費用に含まれるもの…新宿⇔今牧場の往復のバス代、ランチ) 

【経路】 新宿(8:30)〜 中野長者橋IC 〜 〈休憩〉羽生PA 〜 那 須IC 〜 今牧場 (11:30-17:00)〜 那須IC 〜 〈休憩〉羽生PA 〜 中野長 者橋IC 〜 新宿(20:00予定。ただし道路状況により遅れる可能性もあります。) 
【持ち物】 汚れても構わない服装(更衣室はないので、普段着の上に着られるウインドブレーカーなどが望ましい)、長靴 

【申込方法】 メールにてお願いします。 
ツアー参加ご希望の旨と、以下の(1)〜(6)をメールに記載してください。 
(1)お名前 (2)ご所属・ご職業 (3)電話番号 (4)メールアドレス (5)ツアーの情報をどちらでお知りになったか。(6)任意保険加入希望の有無 
以上を記載の上、11月23日(金)23:59までに下記アドレスへ参加希望メールをお送りください。 
natsumilk0828@gmail.com (東京家政大学 多賀谷) 

【主催】 みえるMilkプロジェクト(日本の農業に一生を賭ける!学生委員会SOLA) 

※任意保険が300円でお申込みいただけます。ツアー申し込みの際に、保険への加入をご希望の方はお申し付けください。 
※今牧場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。natsumilk0828@gmail.com (東京家政大学 多賀谷)までお願いします。 

〔今牧場の紹介〕 
1950年から那須の地で酪農をなさっています。ホルスタインを150頭以上飼育し、「おいしい!」「幸せ!」と感じられるような生乳づくりに日々取り組んでい ます。酪農の研修生や、一般の方の酪農体験も多く受け入れている牧場です。今年から牧場内にチーズ工房がオープンし、6次産業化にも取り組んでいます。 

↓↓みえるMilkプロジェクトについての詳細はこちら↓↓ 
http://www.sola2006.net/project/2012_milk.html 
(SOLAホームページ) 

https://www.facebook.com/sola.mm.project 
(Facebookページ) 

↓↓学生団体SOLAについての詳細はこちら↓↓ 
http://www.sola2006.net/




12月16日(日)みえるMilkツアーのお知らせ

なかつかです。

 

今回はみえるMilkプロジェクトの第1回ツアーのお知らせです。

周りの人にじゃんじゃか告知しちゃってください。

なかつかもこないだの土日いってきましたが、空気もきれいでいいとこです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは!みえるMilkプロジェクトです。 

みえるMilkプロジェクトは、酪農家さんと消費者さんの橋渡しとなるような酪農体験ツアーを実施し、牛乳の生産現場を共に体験することにより、「食の安心」と は何かを共に考えることを目的としたプロジェクトです。 

その第1回ツアーを12月16日(日)に開催します! 
行先は栃木県那須の今牧場という酪農家さんです。ツアーでは酪農体験のほか、生産者さんとの座談会、今牧場のチーズを使用したサンドイッチランチを楽しめます。 
 牛に触れ、餌に触れ、生産者さんと交流してみませんか?現場を見て、酪農家さんの熱い思いに触れると、きっと牛乳を見る目が変わるはずです! 

 ツアー詳細は以下の通りです。 

【日にち】 2012年12月16日 (日) 

【行先】 栃木県那須 今牧場 (栃木県那須郡那須町大字高久甲5898) 

【内容】 牧場内見学、搾乳体験、哺乳体験、今さんとの座談会(ランチを食べながら) 

【集合時刻】 8:30  

【集合場所】 新宿駅西口 センタービル前 

【費用】 大人6,000円 未就学児1,000円(費用に含まれるもの…新宿⇔今牧場の往復のバス代、ランチ) 

【経路】 新宿(8:30)〜 中野長者橋IC 〜 〈休憩〉羽生PA 〜 那 須IC 〜 今牧場 (11:30-17:00)〜 那須IC 〜 〈休憩〉羽生PA 〜 中野長 者橋IC 〜 新宿(20:00予定。ただし道路状況により遅れる可能性もあります。) 
【持ち物】 汚れても構わない服装(更衣室はないので、普段着の上に着られるウインドブレーカーなどが望ましい)、長靴 

【申込方法】 メールにてお願いします。 
ツアー参加ご希望の旨と、以下の(1)〜(6)をメールに記載してください。 
(1)お名前 (2)ご所属・ご職業 (3)電話番号 (4)メールアドレス (5)ツアーの情報をどちらでお知りになったか。(6)任意保険加入希望の有無 
以上を記載の上、11月23日(金)23:59までに下記アドレスへ参加希望メールをお送りください。 
natsumilk0828@gmail.com (東京家政大学 多賀谷) 

【主催】 みえるMilkプロジェクト(日本の農業に一生を賭ける!学生委員会SOLA) 

※任意保険が300円でお申込みいただけます。ツアー申し込みの際に、保険への加入をご希望の方はお申し付けください。 
※今牧場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。natsumilk0828@gmail.com (東京家政大学 多賀谷)までお願いします。 

〔今牧場の紹介〕 
1950年から那須の地で酪農をなさっています。ホルスタインを150頭以上飼育し、「おいしい!」「幸せ!」と感じられるような生乳づくりに日々取り組んでい ます。酪農の研修生や、一般の方の酪農体験も多く受け入れている牧場です。今年から牧場内にチーズ工房がオープンし、6次産業化にも取り組んでいます。 

↓↓みえるMilkプロジェクトについての詳細はこちら↓↓ 
http://www.sola2006.net/project/2012_milk.html 
(SOLAホームページ) 

https://www.facebook.com/sola.mm.project 
(Facebookページ) 

↓↓学生団体SOLAについての詳細はこちら↓↓ 
http://www.sola2006.net/




牧場に行ってきました

 こんばんは!みえるミルクプロジェクトの松永です。

今日はプロジェクトのメンバーで、東京都八王子市にある磯沼ミルクファームという牧場に見学に行ってきました!

実は僕は小学校以来牧場というものに行ったことがなかったです・・・
やっぱり現場を直接見るのって大事ですね!

新宿駅から電車で45分くらい。京王高尾線山田駅から徒歩5分。近い!!



ここほんとに東京かよ・・・


つきました!

この牧場では50頭〜60頭位の乳牛を飼育しています。
一般的な乳牛のホルスタインだけでなく、半分以上がジャージー種やブラウンスイス種です!(どっちも茶色の牛です)
日本の乳牛は90%以上がホルスタインであることを考えると、大変珍しいですね。



この牧場のもうひとつの特徴が、牛の歩くところや寝床にカカオやコーヒーの殻が敷いてあるところです。上の写真も土ではなく全部カカオの殻です。凄くチョコレートの香りがします!
においが少なくなり、土も乾きやすくなるので牛がきれいになるそうです。
この牧場では堆肥にもカカオやコーヒーが入っています。



オーナーの磯沼さんに、牧場を案内して頂きました。
磯沼さんは何というか独特の哲学をもった方で、いろいろな話をしていただきました。
人と牛は、昔から助け合って生きてきたんですね。人が食べられない藁や草などを食べて牛乳を出してくれる牛って、本当に凄い!




この日は乳搾り体験をやっていたので、僕たちも混ぜてもらいました。
女の子二人は何度も牧場に行ってるので、ベテランですね。



最後にお昼ごはんに、ハッシュドビーフをごちそうになりました。牧場で作ったソーセージが入っています。ご飯は玄米にミルクを入れて炊いています(ミルクおこげ?)。
おいしかったです!



全員でとても満足して帰っていったのですが、ちょっと自分が考えたのは、ただ色々な体験や見学をして、満足しているだけでは駄目だということ。磯沼さんは目で見るだけでなく、五感で感じることが大事だとおっしゃっていましたが、自分も今日感じたことから少しずつ、自分が考えていることを深めていけたらなあと思います。
自分でも言っていて良く分からなくなってきました・・・


今週はSOLAの勉強会ですね。メンバーの皆さん、頑張りましょう!
もし興味を持ってくださった方がいれば、ぜひご参加下さい。


ひさびさの。

なかつかです。


前回このブログを書いたのはいつかとさかのぼってみたところ
2010年の12月!

………


月日が経つのははやいもんです。
この2年、

就活して

留年して

また就活して

いろんなことに整理がついてひと段落したので

この団体でやりのこしたことを最後の半年で片づけるつもりです。


というわけで最近の活動は
この夏からの新プロジェクト

「みえるMilkプロジェクト」

酪農や畜産はこれまでほぼノータッチだったので、
一メンバーとして日々新たな学びと気づきに驚かされます。





昨日も日曜の朝9:30からミーティング!
熱心なコが集まるとホントに楽しいです。

昔は毎週日曜朝9時にミーティングやってたこととか思い出しながら


自分の経験や知識をいかに後輩たちに承継していけるか
そんなところを個人的なテーマに活動していきたいと思います。


みなさん、みえるMilkプロジェクト乞うご期待!!!




なかつか

みかん狩り

こんにちは!岸本です

11月20日(日)に秦野で農業をしている牧島さんのところにさやぴー、くーちゃん、きよさんと私で行ってきました
今回はみかん狩りのお手伝いをさせてもらえるということでとても楽しみにしていました!(^^)!

この日は11月とは思えないほどの気温で
半袖で過ごせるほどの暑さでした(・o・)

まず、お昼ごはんのサラダを作るために牧島さんの畑に行って野菜を収穫しに行きました(^_^)/
牧島さんはめずらしい野菜をたくさん育ていてそれをレストランなどにも卸しているのですが、
今回も食べたことがない野菜をたくさんいただいちゃいました♡
ガーデンクレスという少しピリッとしたお野菜はサラダに入れるとアクセントになってほんとうに美味しかったです

お昼を済ませたあとは、苗を植える作業を手伝いました!
まず紅菜苔の苗を植えました♪紅菜苔は茎が赤紫色をしているお野菜です!
これも私は初めて見ました(*^^)

その次にコールラビの苗も植えました!
コールラビはカブにとげとげが生えたような形のもので、食べるとキャベツの芯のような味がするそうです
収穫するときがとても楽しみです♪

苗を植えるのが終わったらみかん狩りのお手伝いをしにみんなで軽トラックにのって移動しました(^_^)/
着いてみるとみかんがたくさんなっていて、取り方の説明を受けて早速みかん狩りを始めました♪   

5箱分のみかん狩りを終えるとすっかり日が暮れていたのですが、
牧島さんからこんなにたくさん収穫してくれて本当に助かったよって言われて本当に嬉しかったです!

牧島さんはあの広い畑を普段は1人で切り盛りしいるんだなと思うと本当にすごいなと思います
今回は苗植えやみかん狩りをしたり、めずらしい野菜を食べてりできてすごく充実した1日になりました


加藤牧場見学!

きしもとかほです!

10月16日(日)に千葉県市原市にある加藤牧場に行ってきました 

メンバーは、智ちゃんさん☆さやぴー☆くーちゃん☆私です

ここは今、「千葉・草原のこころファーム」として食の大切さや農業の大切さを自然塾を開いて子どもたちに体験させたり、開農した土地を区画化し、それを開放して農業のすばらしさや厳しさを体験してもらうということを行っています!

震災後は、そこの牧草も放射線の風評被害を受け、区画化した土地も利用者が現れないなどといったこともあったそうなのですが、今は放射線の測定をし、安全値内だということも確認されたそうです(^_^)


それにしても東京ドーム13個分という広大な土地には本当に本当に驚きました……



予想をはるかに超えていました(笑

草原を見学した後は、牛舎の方も見学もさせていただきました

ここでは牛を1つ1つの小屋の中で育てるのではなく、この大きな小屋の中で自由に動き回って餌を食べたりできるようにしていました。

搾乳の方法も乳が張ってきたなと思ったら牛が自ら自動搾乳機に入って行き、そこからはすべて機械で行っていました。
今ではこういった機械を導入しているところは多いそうなのですが、私たちのほとんどは初めてみたのでとても興味津津で……
レーザーで乳頭の位置を確認してチューブをさしたり、搾乳が終わると牛の乳頭の先にディッピング剤というものをふりかけて膜を作り、菌が入らないようにするなど、、搾乳の流れをいろいろと教えてもらいました
牛は2回ほど機械に入ることを教えると3回目からは自ら機会に入っていくそうです(・o・)
私たちが見学している間も機械の前に搾乳待ちの牛さんで渋滞が起こっていました(笑

 ↑ 少し牛さんがわかりづらいですが…牛さんが搾乳機に入っているところです!

牛舎見学の後は、オーナーの加藤さん、社長の増田さん、加藤さんのもとで修業をしている桜井さん、ここを紹介してくれたいつもお世話になっている八百屋の谷平さんと、これからの活動などについてお話をしました!(^^)!

ここの牧場をやっていくにあたって、加藤さんと増田さんの共通の思いが自然のすばらしさ、その自然からできる本物の味を多くの人に知ってもらいたいというものでした!
現在、この土地にチーズ工房を作る計画があるそうです!
その計画も健康な牧草から牛を育て、その牛からとったミルクでチーズを作って販売するといった、自然のすばらしさを伝えることができます

私たちにもチーズ工房を立てるところから、チーズの味を決めるときのお手伝いなどいろいろとボランティアとして一緒に活動をしないかというお話をいただきました

これからSOLAの活動としても取り組んでいけそうな、また活動の参考になるようなお話もたくさん聞けて本当に充実した1日でした

母子寮での収穫祭

小南です。

天高く 馬肥ゆる秋
秋は自然の豊かな恵みが結実する、素晴らしい季節ですね。

さて11月6日、某母子寮の収穫祭に参加してきました!
参加者は智ちゃん、鵜澤君、緑ちゃん、めぐみちゃん、私の5人でした

(そこは山や川がすぐそばの、非常にのどかなところにあります。
前回寄らせてもらった時は、メンバーと一緒に、川で水切りなどをして遊びました)

収穫祭では、スタッフの方々と子どもたちが一緒にたき火で焼き芋をしたり、豚汁を作ったりします。

私たちはお母さん方や子どもたちと一緒にうどん作りをやりました
力いっぱいこねたり、やさしく踏んだり、なかなかに大変な作業でしたが、みんなで作ったうどんはやっぱりうまい!!

たしか5kg分のうどんを作ったのですが、あっという間に売り切れました。
そして、kojarecipe班のメンバーたちが作って持っていった、アレルギーフリーの野菜クッキーもまた大人気ですぐになくなってしまいました

そして私たちが帰るときに何度も何度も「バイバイ!」と言ってくれたあの兄妹たち。。。
あの子たちは元気かしら・・・(と書くと何十年も昔のことのようですが、つい数日前の出来事です)

今後もすごく楽しみです




まるっと遠足 埼玉本庄のヤマキ醸造

 はじめまして、小南(こみなみ)幸智子と申します。
長らくお休みさせて頂いておりましたが、めでたく舞いもどってきました。
休みが長かったせいか、竜宮城から帰ってきた浦島某氏のような気分であります。

さて、8月17日、ありおべプロジェクトの一環でまるっと遠足がありました。

場所は、彩の国埼玉は本庄市の、ヤマキ醸造。創業100年を超す老舗醸造メーカーです。
一組のご家族と共に、SOLAからは総勢10人超のうら若き乙女たちが参加。
終始ルンルン気分が漂う、楽しい遠足となりました。周囲を春色に変えてしまう乙女パワーはやはり侮れません。

ここからはグルメの嵐です。
まず豆乳うどんや有機野菜カレーに舌鼓をうち、その後近くの畑からルバーブを収穫させてもらい、ルバーブのジャムを作りました。私は初めて食べたのですが、甘酸っぱい、青春のような味でした。

最後に一人一人、寄せ豆腐を作りました。
豆乳とにがりだけで、しかも数分で作れる、こんなお手軽な豆腐があったとは!みな真剣な表情で取り組んでいました。作業場のすぐわきには、醸造用の巨大な樽群がガラスケース越しにたくさん並んでいます。ある意味、百万ドルの夜景より貴重な風景です。

今回寄せて頂いた、ヤマキ醸造の方々はとてもすばらしい方々でした。
ものづくりに真摯に取り組む人々は、自然と哲学的になるものなのかもしれません。

さて、ここで締めくくればステキに終わるのですが、打ち上げについてもふれておきましょう。

この乙女達の中に、逆「紅一点」中司代表が参加し、打ち上げが催されました。「今日の遠足は」と聞かれると、みな口々に「楽しかった」と言ってくれて、古参社員小南もうれしかったです。

中でも中司代表が嬉しそうに見えたのは、みんなが楽しんでくれたからなのか、それとも美女達の色香に酔ったのか・・・、真相は薮の中です。
(先に謝っておきます!代表すみません。別におちょくっているわけではありません!)





ROFプロジェクトリーダー中森より進捗

 どうも、中森です

クリックで挿入クリックで挿入クリックで挿入クリックで挿入クリックで挿入

写真左から´↓き

\萋4月24日の報告会の後、SOLAメン内輪の追いコンです。
谷森さんと田谷さんがみんなからのメッセージブックを受け取って喜んでいるところ。
ともピー(藤原とも)本当にあなたは優しいですね。だらしないマックスの中森もその頑張りに心打たれメッセージを書きました。ありがとう。
メッセージを受け取った谷森・田谷・前代表鵜澤喜んでくれたみたいですね。
良かったです。
中森は八百屋オープン前で自己管理がなっていないせいですが、非常に眠たくずっと半寝状態でした。すいません。ですがなぜかその後オールでカラオケに行くというわけのわからない行動を取ってしまいました。たくみさん、神野、ありがとう。最高に楽しかったです。ああカラオケ最高。でもオールは最後の方むなしくなるよね(笑)特にバラード系は。

八百屋オープン初日4月26日。店舗提供してくれている卸業者の方が市場などから仕入れてくれた農産物、中森カーにぱんぱんに詰め込まれている。ちょっとした芸術だった。写真はコアメンで我の強い橋本さん。彼は起業家気質なんです。僕もなんです。自分の失敗も成功も自分の責任にしたい願望。どんな結果でも受け入れる、全力で自分のポテンシャルを発揮していくためにはそういう環境に自分を置くことが重要。自分で決断し、自分で動く、これ人生の醍醐味なり。

3慇姑百屋SUNの全貌、人物は田村さんことタムー。白いブラウスが眩しすぎるな〜。雑然とした店だけど日本を、いや世界を変える八百屋にするんだからこれからもっと研ぎ澄ましていくよ。

いい蕕辰靴磴い泙察学生八百屋【台東区北上野2−32−9】平日9:00〜18:00営業しています!元気よくおはようございます!皆さん元気ですか?!中森はこの通り元気です。人々とのコミュニケーションを形に。この店はもっともっともっと皆から愛される店になる。人物は杉本さん。いやー、手伝いに来てくれて本当にありがとう。楽しかったです。

SUNの登りにサンが輝く。
人物左から、橋本・富谷・中森(姉)
トミー(富谷)すでに二回応援に駆け付けてくれている。ありがとう。トミーの第一印象はなんだこのポジティブ娘は。でした。写真でもめっちゃ元気やないか。学生八百屋コアメンがむさ苦しい野郎だけなんで心安らぎます。
これからも学生八百屋SUNをみなさんどうぞよろしく。
いつでも好きな時に、好きなだけ
遊びに来てください。

感想:
これからは八百屋のウエイトがかなりデカクなるでしょう。卒論・バイト・仕事、充実した毎日です。あと一年ないですが、卒業のときまでには仕事として物になるものにします。目標を見据えています。中森はよく考えるんですが、人生の意味とかそういう数字ではとらえきれないものです。みんな生きていますか?生きてますよね(笑)限られた時間をどう生きたいですか?自分には何ができると思いますか?僕は星が見たい。これ以上ないってくらい満天の星空を。いつかみた最高の星空の下でくだらない冗談を言ってほくそ笑みたい。でも人生やらなければいけないこと、制約条件もありますよね。ある程度お金がなきゃいけないとかですね。それで満足するっていうのもまた最高です。日々の小さな幸せに感謝して暖かいベッドで眠りましょう。普通であれ。僕の好きな言葉の一つです。でも夢も僕は追いかけたい。わがままですが全部ほしいんです。五体満足で日本と言う最高の環境に産まれたんだから、自分の限界を自分で作りたくはないんです。小さな幸せ感じましょう。大きな夢も感じましょう。人間忙しかったり、目の前のことにとらわれ過ぎると本当に大切なことを忘れがちです。本当に大切なこと。人それぞれ違うと思いますが、目を閉じてゆっくり息をして、自分の心の奥の方の声を聞けばいつでもそれはあるはずだと思います。中森は八百屋開いてみましたが、苦しんでいる人とか困っている人、助けを必要としている人が世界にはきっとたくさんいます。そういう人を助けられる人になりたい。だれでもそうでしょう?だからもっと強くなりたいんですよね。守りたいものを守れるように。




■カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

■最新のブログ

■カテゴリー

■過去のブログ

■最近のコメント

  • 12月16日(日)みえるMilkツアーのお知らせ
    いのまた
  • 第3回勉強会を行いました!
    なかつか
  • 第3回SOLA勉強会のお知らせ〜「たべる」と「つくる」をツナグ〜
    なかつか
  • 農業経済って何よ?っていう話
    まつなが
  • 農業経済って何よ?っていう話
    なかつか
  • バイオテクノロジー(高校生物)入門者
    ばば
  • バイオテクノロジー(高校生物)入門者
    なかつか
  • 畜産業と獣医さん
    なかつか
  • 日本の明日を支える若きファーマー
    なかつか
  • 国産小麦を使った手打ちパスタ教室
    K

■メンバープロフィール

■ブログ内検索

 

others

■携帯サイト

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM